会津高原舘岩の民宿「山楽」の近況をお届けします。


by sanraku_tateiwa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

かやぶき屋根の葺き替え

民宿「山楽」の売りは何と言ってもかやぶき屋根です。

 かやぶき屋根は日本の気候にとてもマッチしたものです。その屋根の下での暮らしは夏涼しく通気性に優れており快適です。また音の遮断効果も高く雨の音がしません。しかし、冬は流石に風通しが良すぎて寒いです。よって山楽でも各部屋に天上板をはめています。

かやぶき屋根の管理は下記のために想像以上に大変です。
 ①屋根の葺き替えに非常に費用がかかる。
 ②屋根の葺き替え用の「かや」がなかなか手に入らない。
 ③屋根の葺き替え職人がいない。
 ④屋根の耐久年数が短くなった。

「山楽」の場合、職人さんを下郷から来て頂いています。
職人さんの高齢化が進み跡を継ぐ人が居ないのが現状のようです。
屋根の耐久年数が短くなった原因はやはり「いろり」や「かまど」で火を使わなくなったことがあげられます。「いろり」や「かまと」から立ち昇る煙が、かやぶき屋根の「かや」や竹や材木を程よく燻し、防湿、防虫、防菌にすばらしい効果をあげていたのです。

以下は昨年2005/05/25~2005/06/16に「山楽」の母屋の北側(後ろ)のかやぶき屋根を葺き替えた時の写真です。


b0077405_145794.jpg



b0077405_14585489.jpg



b0077405_14591956.jpg



b0077405_14595193.jpg



b0077405_1501595.jpg



b0077405_1504974.jpg



b0077405_1511713.jpg



b0077405_15262.jpg



b0077405_1523124.jpg




今年の冬は舘岩にも大雪が降り「山楽」のかやぶき屋根に例年になく大きな綿帽子がかぶさりました。
b0077405_1544324.jpg

[PR]
by sanraku_tateiwa | 2006-06-02 15:18 | かやぶき屋根